不動産の購入や売却

不動産業者と上手く応対

トップ / 不動産業者と上手く応対

不動産登記に関する情報

不動産のテクニックについて

不動産を所有したいと思った時、希望物件がすぐに手に入るかと言うと、なかなか難しいものがあります。願い通りの物件を手にするには、遠い道のりでしょう。しかし、テクニック次第では、遠い道のりのはずだった希望の物件が、近道を通って、手に入る可能性があります。物件会社の担当者も人間です。相性が合う合わないは当然あるでしょう。相性の良い担当者ならこちらとしも、色々都合がいいですが、相性が悪い担当者の場合、やり取りも当然やりにくいはずです。相手をじっくり観察して、上手に交渉ができるようになれば、こちらのものです。希望の不動産がすぐ近くかもしれません。

個人でやる場合について

一戸建てやマンションなどの不動産の売却や購入には、業者を仲介しなくても個人同士で売買することができます。法律上、個人売買は問題ありません。その場合、業者を通さない分、手間やお金がかからないというメリットがあります。また、個人での売買は買い手や売り手と直接交渉しながら、納得のいく売買ができますし、売る場合は消費税がかからないため売値を相場より低く設定できるので買い手が見つかりやすいのも特徴です。仲介手数料がかからないため費用を節約できるなども人気の一つです。しかし、売買後に契約不履行などのトラブルになった場合、個人で解決しなければならないのでリスクも大きいです。契約書の作成や重要事項の調査のみを不動産業者に依頼するなどの対応も考慮に入れておくのが望ましいです。

© Copyright 不動産登記をするには. All rights reserved.