不動産の確定申告

課税対象の不動産とは

トップ / 課税対象の不動産とは

不動産登記に関する情報

不動産の取り扱われ方

確定申告の際に気をつけたいのが、不動産の扱われ方です。主に固定資産として扱いますので、固定資産税の対象になります。固定資産税を払うことも考慮した申請をする必要があるので、費用を多めに見積もっておかなければなりません。また、あなたが自営業か、サラリーマンかによっても、取り扱われ方が異なってきます。自営業の場合は自分で行わなければならません。しかし、サラリーマンの場合は自分でする必要がなく、勤務先がやってくれます。この場合、持っている自身の不動産の分は自分でやらなければなりませんので、注意が必要です。

高値で売却をするには

住み慣れた我が家を売らなければならなくった時の辛さはいかばかりでしょうか。必要に迫られて売却をしなければならない場合、人情として、高値売却を願うものです。人気のエリアや、将来性が高い場所なら、その願いも必ずや叶えられるでしょう。しかし、それほどの優良物件はあまりありません。タイミングもありますが、多くの不動産は、希望の売却価格より、多少値引きさるものです。しかし、高値で売れる場合もあります。これは担当者とのコミュニケーション次第と言えるでしょう。売却を依頼した代理店の担当者と、密に連絡を取り合って、状況を良く把握しておきましょう。まめな連絡をしていれば、不動産会社の担当者の方も考慮してくれる場合が多いようです。

© Copyright 不動産登記をするには. All rights reserved.