不動産の登記を行う

不動産登記をするには

トップ

不動産登記に関する情報

不動産の仲介手数料について

不動産の取引をするときには仲介業者を利用することが多いですが、仲介業者を利用したときには仲介手数料を支払うのが一般的です。仲介手数料は上限が法律によって定められていますから、その上限を超えて支払う必要はありません。あくまでも上限ですから、仲介業者がそれよりもやすくすることもあります。例えば、最近では賃貸の不動産の需要が低迷していますから、これに対応して賃貸の仲介手数料を無料にしている仲介業者もあります。売買の場合でも仲介手数料を安くすることも多くありますから、費用を抑えたいのであればこのようなものを選んでみるのも良いでしょう。

登記の代理手数料とは

土地や建物を売ったり、買ったりした時には所有権移転登記をしなければなりません。不動産を管轄する法務局に申請します。また、新たに建物を建てた時にも登記しなければなりません。管轄法務局に、建物表示登記を申請しなければなりません。これには、その土地にどのように建っているのかを明示した建物配置図と各回平面図を添付します。配置図には、境界からどれだけ離れているか記載します。平面図は、部屋割りを細かく書かずに、外枠の各長さを記載します。それにより、各階の床面積の求積式と床面積を記載しなければなりません。不動産登記は専門の司法書士などにお願いしましょう。

© Copyright 不動産登記をするには. All rights reserved.